Yomi-Search メモ Yomi-SearchのDBクラスを利用して特定のカテゴリを表示

忘れないための備忘録として

ローカル環境で試すため、あらかじめclass>db.phpにローカルのデータベース設定。Yomi-Searchの中でテンプレート無しで実行できるsitemap.phpを利用。
sitemap2.phpとかで保存。
function_reg.phpの内容を確認する場合もあるので
// インクルードの設定に

require './functions_reg.php';

も加えておく。
カテゴリpath 「50/01/」のタイトルを表示したい時、sitemap2.phpに

$Cate_key = "50/01/";

$query = "SELECT title,path, regist FROM {$db->db_pre}category WHERE path='{$Cate_key}'";

		$row = $db->single_assoc($query);
		$Cate_title= $row['title'];
echo $Cate_title;

とするとカテゴリpath「50/01/」のタイトルが表示される。
カテゴリ登録関係の仕組みを変えたかったので試してみました。